ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲイン概説(通販くすりロイヤル)

ロゲインは発毛を調節するだけでなく、毛髪を太くする効果もあります。発毛しても細すぎたり、毛髪が強くても密度が低いと、製品としての満足感が得られません。発毛に3カ月以上かかったものを、再び失われないように、変えないことが大切です。日本では、大正製薬株式会社が「リアップ」という商品名で、ミノキシジルという成分を配合したAGA用の発毛・育毛剤を販売しています。ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」と「ロゲイン」は同等の効果を発揮します。

ロゲインを初めて使用する場合、最初の2週間は抜け毛が重くなることがあります。これは古い頭髪が入れ替わり始めた証拠で、正常な医学的状態です。ロゲインの効果は、使用開始後、早ければ3ヶ月で確認でき、その他はそのまま継続することもあります。6ヶ月は目に見える効果が現れる時期です。ロゲインに含まれるアルコールとプロピレングリコールは、有効成分ミノキシジルの効果を強めることができます。

ロゲインは、希少な毛髪を健康にする効果が期待できます。有効成分ミノキシジルは皮膚に浸透し、毛髪の細い血管を拡張して血流を促進します。これにより、頭皮の成長に欠かせない毛乳頭細胞が刺激され、ヘアサイクルが継続されるはずです。また、毛母細胞も同様に発火させることで、発毛を促します。男性用ロゲインはミノキシジルを5%、女性用ロゲインはミノキシジルを2%配合することが望ましいとされています。男性も女性用ロゲインを使用することができますが、男性用よりも影響力が弱いので注意が必要です。

マクニール社(McNEIL)のロゲインは、ミノキシジルを5%配合した外用薬で、頭髪を育てる効果が臨床的に確認されています。米国FDA(食品医薬品局)で初めてAGAに対する発毛作用が必要と認められた育毛剤で、抜け毛を抑制し、発毛を促進する働きがあります。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として作られましたが、発毛作用に加えて頭皮の血行促進や育毛作用の副作用が広まり、FDA(米国食品医薬品局)に承認されました。男性型脱毛症診断アドバイスでは、あらゆるプッシュの中で最高ランクのAランクと評価されています。

有効成分ミノキシジルを含有する育毛剤としては世界初の小物であり、臨床試験が行われていることを考慮すると安心して使用することができる。毛根の血管を広げることで、栄養を吸収しやすくし、抜け毛を減らし、発毛を促進させます。ロゲインに付属するスポイトを使用することで、頭皮に負担のない正確なサイズを塗布することができます。さらに、スポイトをそのままフタとして使用することができるので、捕獲にも便利です。

ロゲインは、AGAなどによる抜け毛や髪の少なさに悩む方のための育毛剤です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、毛細血管を拡張し、酸素や栄養を頭皮に広く行き渡らせることで大きな育毛効果を発揮します。また、漿液性円形脱毛症による脱毛の進行を食い止める効果も期待できます。