フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカン概説(通販カリヨン薬局)

カンジダ自体は、人間の皮膚や女性器以外のあらゆる場所に存在する常在菌で、堅牢な菌ではありませんが、行為によって歩き回るカンジダが異常増殖し、免疫力の低下した身体全体で膣カンジダを引き起こすことがあるのです。ジェネリック医薬品もあり、錠剤の他にカプセル、カステラシロップ、スコアドロップなどの服用シルエットが開発されており、小児だけでなく新生児に使用されることもある大丈夫で高い効果が期待できる薬です。

ジフルカンの主成分はフルコナゾールで、真菌感染症の治療薬に含まれる成分の一つです。フルコナゾールは、真菌感染症の治療に加え、女性の耐性を潤す効果があるため、女性への夜会プレゼントとしても人気があります。カンジダは、大別すると真菌に分類されるカビの一種です。細菌やウイルスと異なり、真菌は巨大なサイズであることが特徴です。ジフルカンジェネリック(Diflucan)は、真菌の膜成分であるエルゴステロールリレー合成を阻害することで抗真菌活性を発揮します。

フルコナゾールは、主に腟カンジダ症のさらなる予防のために使用されます。腟カンジダは、カンジダ属の真菌によって引き起こされます。ジフルカンジェネリックの有効成分であるフルコナゾールは、真菌の細胞膜成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することにより抗真菌効果を発揮します。腟カンジダ症は性行為感染症ではありません。原因となるカンジダ菌は、通常、丈夫な女性器に存在する常在菌です。カンジダ菌は、挑発や産生などの影響で増殖し、増殖しすぎると症状が出ます。

カンジダは、元気な女性にも存在する常在菌です。精神的な葛藤や疲労、肉体的な疲れなどで免疫力が低下すると、カンジダが増殖し始め、症状が出ることがあります。その症状は、膣から粘液状の分泌物が目立つ、痒みがある、性交時に痛みがある、などです。ジフルカン・ジェネリックの前身であるジフルカンは、1978年にファイザー社がトリアゾール系の抗真菌薬として考案したものです。ジフルカンは日本では1989年から承認され、使用されているようです。

フルコナゾールの摂取は、血液、呼吸器、消化器、尿路、髄膜の真菌感染症の治療や、骨髄移植などの造血幹細胞移植における真菌感染症の予防に使用されることが望ましい。接触感染症の原因となる真菌の細胞膜成分の合成を阻害することで、真菌の増殖を抑えているのです。

抗菌剤「ジフルカン」は専門病院で処方してもらうことができますが、薬の販売価格が高いのが難点です。そこで、より安価なジェネリック医薬品を海外から輸入する方法を選択する人も多いです。ジェネリック医薬品は、薬の保存効率が高いため、頻繁に膣カンジダ症に悩まされる方を再発から守るために最適な選択と言えます。2011年、造血幹細胞変化クランケに対する深在性真菌症保護薬の影響と効能が公開情報手順で承認され、筆談で取り返しのつかない話題になっている。