ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルミガン概説(ジェネクリ・公式通販)

ルミガンは、アラガン社が創製したまつ毛育毛剤です。有効成分であるビマトプロストは医薬品成分であるため、日本では調剤薬局での市販はされていません。ルミガンの使用を中止すると、約1ヶ月で元の状態に戻ります。ルミガンで伸ばしたまつ毛を守るためには、まつ毛を保持する必要があります。

ルミガンはもともと緑内障の治療薬として開発され、世界中で使用されています。しかし、ルミガンの副作用としてまつ毛が伸びたり太くなったりすることが多数報告され、現在ではまつ毛育毛剤として使用されています。ルミガンは誕生以来、緑内障の治療薬として世界中で使用されています。まつ毛育毛剤として開発されたわけではありませんが、緑内障の患者さんのまつ毛が持ち上がり、濃くなったという話が止まらず、現在ではまつ毛育毛剤として使用されています。

ルミガンは緑内障に使う薬として誕生し、現在でも緑内障の治療時には決定版として医療機関で使用されている。具体的には、有効成分であるビマトプロストが、眼窩からミネラルウォーターを排泄させ、眼圧を正常値に戻すことで緑内障をテコ入れします。有効成分であるビマトプロストは、これまで緑内障の治療薬として使用されてきました。しかし、その目立たない効果からまつ毛の凝固が多く報告されたため、現在ではまつ毛育毛剤として使用されています。

眼鏡圧を下げる効果のあるルミガンは、もともと緑内障の治療薬として作られたものです。ルミガンを使用した病気の人から「まつ毛が増える&長くなる」という副作用が頻繁に報告されたことから、逆のアプローチで「まつ毛貧毛症治療薬」として新処方されることになったのです。ビマトプロストの臨床試験では、予約者は3つの要素についてモニターされました。月1回の治療を4回行い、「動き」「太さ」「毛髪対照の密度」の3つの要素について、予約状況を確認しました。その結果、すべての項目で治療前の基本分け目からの成長が確認されました。

ルミガンは、まつ毛を長くしたい、増やしたい、まつ毛エクステやカーラーの使用でまつ毛が異常なほど抜けてしまった、市販のまつ毛美容液では効果がない、という方におすすめします。ルミガンは、まつ毛の育毛・増毛に効果があり、副作用として、冷感による黒ずみ、かゆみ、まぶたの赤みなどがあります。

ルミガンを継続的に使用することで、まつ毛の隔たりや太さが増すことで全体の本数が増え、毛の濃淡によって濃く、ハリのある美しいまつ毛になります。まつげエクステは、一定期間ごとにリペアが必要なため、その費用も馬鹿になりません。もし、自分のまつ毛がマツエクのように長く、太く伸びたら、その費用やメンテナンスはもっと安く済むはずです。ルミガンの有効成分であるビマトプロスト(BIMATOCMOST)は、もともと緑内障の治療や眼圧を下げるために使われていたものです。それを使ってまつ毛が伸びたという声が多く寄せられたことから、まつ毛の育毛剤として有名になりました。