プロペシア(EU版)28錠

フィンペシア(フィナステリド1mg)100錠

フィナロ(フィナステリド1mg)100錠

 

 

 

 

 

フィナステリド概説(通販リサーチ)

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬としても使用されています。前立腺肥大症の治療において、陰性脱毛や発毛などのAGAの症状を回復させることが確認されているため、AGAの治療薬として割合注目されています。日本で考案されたプロペシアの臨床試験において、専用疾患者(13名)の98%が前頭部と頭頂部の髪の不足を緩和する概念化に成功しました。臨床試験の対象者は、AGAを発症した20代から50代の男性です。臨床試験では、1日1錠のプロペシアをほぼ半年以上服用する姿が見られます。

プロペシアは、世界で初めて承認された晩酌スタイルのAGA治療薬で、有効成分としてフィナステリドを含有しています。日本では2005年に厚生労働省から承認され、現在、世界70カ国以上でAGA(男性型脱毛症)治療薬として使用・含有されています。プロペシアは、1997年に世界初のAGA治療薬として米国FDAに承認されました。その後、プロペシアは世界中に広まり、60カ国以上で承認・設置されています。日本では2005年に承認され、10年以上にわたってAGA治療の第一選択薬として使用されています。

前立腺肥大症や前立腺癌の診断が正確でなく、本当は前立腺癌が陽性であるにもかかわらず、陰性となる場合があります。したがって、前立腺肥大症か前立腺癌かを判断するための健康診断や人間ドックを受ける場合は、プロペシアを服用していることを医師に報告する必要があります。1年間行われた臨床試験が終了した後も、大多数の献身的な患者さんがプロペシアの服用を継続しました。約2年間(96週間)継続使用した結果、AGAに対するプロペシアの有用性に差はないことが確認されました。

プロペシアを6ヶ月以上継続して服用することで、「生え際の薄さの進化」「つむじ付近の髪の状態感」など、髪の乏しさを克服することが期待されます。影響が確認されるまでには、おなじみの180日ほどかかる。一度効いたら逃げるような薬ではなく、抜け毛対策や発毛のためにその後も継続して服用する必要があります。

プロペシアの簡単な効果である抜け毛の減少や生え際の改善などは、飲み始めてから6ヶ月程度で実感することができます。反応には個人差があり、早ければ3ヶ月でプロペシアの効果が現れることもありますが、新しい健康な毛がダミーとしてはっきり見える太さに成長するまでには、ほとんどの患者さんで6ヶ月を要すると言われています。

もともと前立腺肥大症の治療薬として認可されていたフィナステリドは、服用した患者の毛が太くなったことから、AGAの治療薬として再導入されました。AGAは、髪の生え変わりや成長(ヘアサイクル)を妨げる男性ホルモン(DHT)が増加することで、前頭部や頭頂部の髪が徐々に少なくなっていく病気です。つまり、プロペシアの有効成分であるフィナステリドがDHTの量を抑制することで、ヘアサイクルの秩序が失われ、脱毛という手順に至ることが臨床試験の結果で明らかになっています。