フィンカー5mg(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンカー概説(通販ブリッジ)

フィンカーの主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する5αリダクターゼという酵素の自然のプロセスを阻害します。フィナステリドの臨床試験の結果、およそ90%の人間の再診断で毛髪が少なくなり、有用性が認められたという報告が止まっているそうです。生え際、M字部分、薄毛、抜け毛の増加、頭頂部が気になり始めたら、何はともあれフィンカーを試してみてください。

フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品で、有効成分フィナステリドが配合されており、98%の方が髪が少なくなったと点検し、髪が集まってきたと実感しているそうです。髪の毛のライフサイクルは約3~6年と言われており、脱毛症は約4~5ヶ月で髪の毛の一連の流れのレベルが落ちてしまう症状なので、一度にたくさんの抜け毛があり、髪の毛が伸びる余地もなく髪の毛になってしまうのです。

フィナステリドは2型5αリダクターゼ酵素にのみ作用し、ジヒドロテストステロン以外のホルモンには影響を与えないので、安心感が非常に高いです。主成分であるフィナステリドは、脱毛を調節し、育毛・発毛を促進する効果があります。抜け毛の原因となる特定の生成物を抑制することで、抜け毛の防御と発毛の補助が期待できるほか、抜け毛の進み方にモラトリアムを課し、抜け毛の量を減らす効果もあります。

前立腺肥大症の主な症状は、排尿困難、洗面所での排尿回数の増加、排尿後のスッキリ感の欠如など、排尿パニックに関する症状です。発症の程度は年齢とともに大きくなり、50歳代から急激に増加する。フィナステリドを経口摂取すると、血管を通過して頭皮や前立腺に存在する5αリダクターゼと結合します。この作用により、5α-リダクターゼが競合としてテストステロンと結合するのを防ぎます。競合を防ぐことで、前立腺肥大や毛髪不足の原因となるDHTの過剰産生を抑制します。

フィナステリドは、体内の5αリダクターゼという酵素に作用することで効果を発揮します。5αリダクターゼ酵素は、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に出力します。DHTは、全身の前立腺を肥大化させるホルモンです。また、ニキビ、男性型脱毛症などの原因にもなります。

プロスカーはAGA治療薬として有名なプロペシアと混同されがちですが、有効成分であるフィナステリドの製剤量に大きな違いがあります。もともと前立腺肥大症の治療薬であるプロスカーは、フィナステリドを5mg配合しており、前立腺肥大症だけでなく、発毛率の低さや抜け毛でお悩みの方にもおすすめです。フィンカーは、男性型脱毛症のMCを遅らせる薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分はフィナステリド5mgで、日本で自由診療として処方されているプロペシア錠1mgの5倍の成分量が含まれます。