アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピル概説(通販ブリッジ)

アイピルは、世界中で多くの女性に利用されている代表的なアフターピルです。妊娠阻止能とは、事前に発生したであろう妊娠数に対する、発生したであろう妊娠数の比率を逆算して算出される数値です。臨床試験において、妊娠を阻止した割合はおよそ81%であり、緊急避妊の可能性が高いことを示しています。

アイピルを使えば、緊急避妊は産婦人科でアフターピルを処方してもらうよりずっと安価に済みます。アイピルはノルレボピルよりも9割程度安く購入できるため、万が一に備えて事前に購入し、バッグに入れて持ち歩く女性が増えているようです。すでに排卵が起こっていても、妊娠が成立するまでには2~3日の期間があります。レボノルゲストレルによって子宮内膜が刺激され、成長します。成長を早めることで、受精卵が子宮内膜に到達するころには、ちょうど凝固床の表面と相性が悪くなるように整えておく必要があるのです。

アイピルは、処方箋による緊急避妊薬として有名な「ノルレボ」のジェネリック医薬品である。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリック超大国インドのシプラ社が考案したものです。アイピルとノルレボは有効成分が同じで効き方も似ていますが、値段に違いがあります。医療機関で緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかるが、アイピルは1錠1,000円以下で購入できるため、手軽で経済的となっています。

アイピルは、ホルモンの分布を一時的に調節して排卵を遅らせたり、排卵が起こらないようにしたり、受精卵の寝床面を抑制したりするものです。その結果、体内に侵入した卵子が幼若精子と受精するのを防ぐことができ、性交後の緊急避妊が可能になります。アイピルは、子宮内膜を人工的に剥がし、月経と同じ事象を起こすことで、月経を早めたり、月経をモラトリアムにするものです。夫とのデートや旅行は、女性の7つのツールになります。容量的な使い方を維持し、あくまで有事の薬として服用することをお勧めします。

アイピルの即効性は、服用後3時間程度で実感できます。効能の発現と同時に、排卵が遅延または停止します。アイピルで避妊できたかどうかを判断するためには、それ以上の出血を避けるか、緊急時期の経過を待って市販の妊娠薬を使用するなどの医療行為が必要です。

アイピルは、無防備な性交や避妊に失敗した後の意図しない妊娠を防ぐことができます。アイピルを通販で購入することで、安価に、焦らずに緊急避妊を行うことができます。従来の緊急避妊薬と違い、アイピルは副作用が少ないのが特徴です。ピルから復帰後3~4日、遅くとも2週間以内に月経のような出血があった場合、消退出血といいます。これが避妊に成功したと判断する基準です。