ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

 

ミノタブ概説(通販ショート)

ミノタブによって頭皮の血流・血行が促進されると、髪を育てる土台である毛乳頭に最適な酸素や栄養が拡散され、毛母細胞が活性化し、生え際や頭頂部の発毛につながると考えられています。抜け毛の増加が気になるお客さまにおすすめです。攻めのミノキシジル、守りのフィナステリド」と言われるように、抜け毛分散効果のあるフィナステリド系AGA治療薬と併用する男性も多いようです。健康な頭髪を育てながら抜け毛を制限し、AGA症状の経済性を再認識することが目的です。

ミノタブの前身であるロニテンは、もともと高血圧の治療薬として作られたものです。近年、臨床試験でロニテンを服用した人に増毛が見られたことから、発毛剤・育毛剤としてかなり浸透してきました。ここで忘れてはならないのは、ミノキシジルはもともと降圧作用を示す高血圧の治療薬であるということです。高血圧治療薬は血管を伸ばすことで血圧を下げますが、ミノタブにも血管を伸ばす作用があります。そのため、降圧剤と同様に、ふらつきがあることで知られるミノキシジル外用薬とは異なる症状の発現に注意する必要があります。

ミノタブ(ミノキシジル錠)は、毛髪の乏しさを改善するための内服薬です。有効成分のミノキシジルは、日本表皮学会の推奨度A(最も推奨される)の発毛成分であり、現在最も有効な発毛成分とされています。ミノキシジルは、有効成分ミノキシジルを経口摂取する治療薬です。頭皮を覆うことなく効果を発揮し、同等のミノキシジルを使用した塗布タイプの治療薬よりも高い効果が期待できます。

ミノタブは内服薬であるため、リアップやロゲインなどの塗布薬よりも高い育毛・発毛効果が期待されます。また、塗布型薬剤では難しい生え際の育毛・発毛にも効果があると言われています。価格も2分の1程度なので、トータルコストを抑えることができます。ミノキシジルは毛根に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することで発毛を促します。フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)といった有名なAGA治療薬と同時に使用することができ、異なる作用機序を持つことを目的としています。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血流を良くすることで毛母細胞に多くの栄養を送り込みます。また、毛髪の成長サイクルを正常に戻し、発毛を促進する作用があります。主成分のミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として開発されましたが、降圧剤としてミノキシジルを服用した患者の約8割に、体格の著しい増加や発毛が確認されたそうです。このように効果が緩やかであることから、現在ではミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の治療薬としても処方されるようになりました。

ミノキシジルは、AGA治療薬として有名なプロペシアなどのフィナステリド系医薬品と同時に使用できるため、クリニックで言及されるほど薄毛治療に有効なのです。ミノタブは内服薬なので、頭皮にまんべんなく使用することができ、頭皮の状態を最適化することができます。