グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイ概説(通販 ボックス)

グルコバイは、食後血糖値の上昇を抑えるお薬です。主に糖尿病における食後過血糖の進展に使用されます。ただし、食事療法や運動療法による血糖値の幅広い舵取りはできず、多数の血糖値維持ができない場合に限られます。有効成分アカルボースは、小腸粘膜の微絨毛に存在するグルクロノシラーゼ等や膵液・唾液中のα-アミラーゼを阻害し、食後の血糖値の衝動的上昇を抑制する要因となります。

グルコバイは血糖値の上昇を抑制しますので、血糖値を下げたい方は賛否両論ありますが、グルコバイを試してみてください。他の糖尿病治療薬と異なり、インスリン分泌の進行や練習を改善するのではなく、小腸のα-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害することで、選んだ糖質の記憶を穏やかにするものです。

アカルボースの作用は、糖質の消化を抑制することで、血糖値の急激な上昇を抑止することにある。炭水化物の消化に必要な消化酵素の作用を阻害することで、アカルボースは消化率を低下させ、炭水化物を把握する体の能力を破壊することを目的としています。多くの糖尿病治療薬と同様に、血糖値を下げるホルモンであるインスリンのような根本的な血糖値低下作用はありません。

αグルコシダーゼは、食事に含まれるアップサッカライドが腸に染み込むときに、一つの炭水化物として区別したいのである。1つに分類された糖質は、小腸から吸収されやすく、血糖値が上がりやすくなるに違いないです。グルコバイは1型糖尿病、2型糖尿病ともに選択される治療薬ですが、特に2型糖尿病に効果的です。

グルコバイは、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることができますが、その作用は、腸から炭水化物(糖質)を消化・把握するのをゆっくりモラトリアムすることによるものです。また、インスリンの分泌を低下させるので、膵臓の心労を休める効果もあります。単独では作用が弱いとされており、SU剤など他の糖尿病治療薬と併用されることが多いです。

副作用としては、腹部膨満感や鼓腸、おならが増える、軟便の回数が進む、下痢、胃腸の痛み、便秘などがあります。重大な副作用として、低血糖、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが起こることがあります。グルコバイ(Glucobay)50mgは、糖尿病における食後に出現する高血糖を改善する薬で、バイエル社が量産しています。

グルコバイを第三国から輸入して使用する人がここ1週間ほど増えていますが、これは主に急性期の糖の理解を阻害することでダイエットにつながると考える人が多いためです。グルコバイは、糖尿病食が折り返すと、余分な血糖を作り直す効果がある。ただし、食事療法や運動療法で大幅な血糖制限ができない場合や、食事療法や運動療法に加えて経口血糖降下薬やインスリン製剤を必須とすることできれいな血糖制限ができない場合にのみ有効である。