アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

アイピル(アフターピル)
数量 価格 ご注文
1箱 ¥2,900
3箱 ¥3,900
5箱 ¥5,200
10箱 ¥7,500

 

 

 

 

 

アフターピル概説(通販・ genecli.com)

生理不順などの治療に使われていた、中飲む量ピルであるプラノ酒場ル錠が、緊急避妊ピルとして使用されていましたが、2011年5月に日本で初めて承認された緊急避妊薬、ノルレボ錠が売られました。クリニックでは、この2階級のモーニングアフターピル(緊急避妊ピル)を処方されることが多いです。緊急避妊の効果は、妊娠比かつ妊娠NG率で優秀だとされます。

はからずも避妊せずに性行為してしまった場合などに緊急の状況避難といえるに名前を言う方法です。決して通常の避妊意欲に連続的に使用した方がよい方法では起きないでしょう。しかし、コンドームの打撃やドロップアウト、腟関係の無いところ射精の負けいくさなどによって妊娠する可能性が高い場合に、どうしても妊娠を回避したい場合には一時的に使用される避妊法です。

緊急避妊法とは、コンドームの賊害や棄権、陵辱にあったにあたりなどに活用される最後の避妊手段です。性交のち72時間以内に薬をのむことによって妊娠を観念する仕方なのでその薬のことを緊急避妊ピルと呼びます。しかも、一般に「アフターピル」とも呼ばれて入っている。現在は主流の手は、ノルレボ錠を体に取り込むやり口及び、従来から行われているヤッペ法という方法です。繰り返し緊急避妊薬を摂ることはお勧めしません。あくまでも中絶手術を防ぐための手段です。3週間以内に生理が来ないときは妊娠診査が必要です。

緊急避妊とは、避妊をしないで性行為をしてしまった場合や、コンドームが破けるなんて避妊の負けいくさがあった時に妊娠を防止する方法のことです。性交引き返し72時間以内に緊急避妊ピルを支持することによって、排卵を抑制する、受精を妨げる、子宮への受精卵のまといフロアーを阻止するなどの効果が期待できます。避妊取りこぼし時にホルモン均整を手配させて妊娠する怯えを鎮静するのがアフターピルの本分なので、摂取時の注意点もしっかりと把握しておくと良いでしょう。

アフターピルは中絶薬ではなく妊娠を配慮する薬です。もし受精のち1週間たって既に妊娠してございました場合には緊急避妊ピルの効果はない状態です。またぞろ、たとえ妊娠の初期に緊急避妊ピルを使ったとしても胎児にマイナス効果はないと言われています。お薦め時間を超えてしまうと効果は相当あって落ち込んでしまいますが、有効性がすっかりもらえないわけではなく一定の効用効果を期待することができます。推奨されているときなかが過ぎていると言うならでも医者へのコンサルテーションをお勧めします。

アフターピルによる主たる副作用としては、吐き気持ち、頭痛、下腹部の苦痛、胸部の嫌悪感、倦怠感、子宮からの出血などが考えられます。緊急避妊薬「ノルレボ錠」が公開になり、今まではピルを価格事態してきましたが、正式に許された薬が日本でも処方されるようになりました。ピルに比べて副作用がちょっとだけに、先ずの内装いで良いのです。障碍は商品価格が異常に大き目のということです、避妊効果は滅多にランキング上位内であるようです。