ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲイン概説(通販 セレモニ薬局)

トゥゲインはミノキシジル濃度が2%、5%、10%の3種類あり、ミノキシジルが濃くても薄くても発毛効果は高くなります。女性でも男性でも使用でき、今まで毛のなかった部分から毛が生えてきたという様々な報告もあります。日本表皮学会でも、脱毛症治療におけるミノキシジルの使用は「A」にランクされており、最優先で選択される薬剤となっています。

ツゲインは、他のミノキシジル系育毛剤と同様に、4ヶ月を超えて6ヶ月で発毛させる特許を持っています。ツゲインはAGA(少数毛・抜け毛)アシスト治療薬として考えられており、シプラ社もミノキシジル2%配合の低級で太く薄い育毛剤を持っているので、それを真似たものです。ツゲイン2%(ミノキシジル2%)は女性でも使用可能ですが、5%と10%に関しては男性専用ですので、混同しないようにご注意ください。

ミノキシジル外用液は、頭皮の血流を良くして発毛を促進し、毛根の数を増やして発毛を促進し、毛根が休止期(毛根が死ぬ段階)に入るのを防いで脱毛を抑制する効果があります。ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として作られた経口薬です。しかし、発毛・育毛効果があることがわかり、現在では外用剤を中心に、髪のスカスカの治療薬として取り入れられています。

育毛効果を実感するためには、ツゲインは継続的に使用する必要があります。発毛効果は最短で3ヶ月、一般的な人であれば6ヶ月ほどで実感できると言われています。トゥゲインは、軟毛化によって成長が止まり、硬く柔らかくなってしまった髪を育てるのに十分な太さと強さを持っています。毛母細胞の耐用年数を延ばし、発毛を維持し、抜け毛を抑制します。

ツゲインは、リアップ(日本)、ロゲイン(米国)のジェネリック医薬品です。成分量の異なる2%、5%、10%があり、症状に合った製品でAGAを治療することができます。ツゲイン単体でも顕著な発毛効果がありますが、より高い発毛効果を期待する場合は、フィナステリドなどのAGA内服薬を同時に使用することが推奨されています。ツゲインを頭皮に塗布することで、皮膚から摂取し、塗布した部分の毛細血管を拡張させ血流を改善させます。髪を作ると評判の毛根に血液を通して栄養を送ることで、頭皮の雰囲気を落ち着かせ、育毛・発毛の効果を発揮します。

ツゲインは、シプラ社(インド・ムンバイ)が製造する夫も女も使える育毛剤で、「リアップ(日本全国)」「ロゲイン(米国)」の後発医薬品として、乏しい髪や発毛に効果があります。ツゲイン10%は、有効成分としてミノキシジル10%を包含する薄毛治療薬です。頭皮にすり込みやすく、有効成分ミノキシジルが頭皮の血流を改善し、毛根の細胞に作用して、オバケやコシのある髪を作り出します。