アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

アボダート0.5mg
数量 価格 ご注文
1箱 ¥3,802
2箱 ¥6,545
3箱 ¥9,273

 

 

 

 

 

アボダート概説(通販ソーシング)

アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することにより、肥大した前立腺を小さくすることが期待されます。プロペシアの有効成分フイナステリドは、2型5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し脱毛を沈静化しますが、アボダート0.5mgの有効成分デュタステリドは、2型還元酵素をフィナステリドの3倍の強さで阻害するだけではなく、1型還元酵素にも作用し、より高いレベルでDHT生成を阻害することが可能です。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモン)をDHTに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用があります。アボダートは、英国グラクソ・スミスクライン社が販売する医療用医薬品で、重度のAGA(男性型脱毛症)の購入者や、従来の治療で効果が得られなかった人のための、髪を少なくする治療薬です。元々は米国で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認されていましたが、日本では2009年からBPHの治療薬として承認されています。

DHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンと5αリダクターゼ酵素の働きにより生成されます。DHTは、胎児などの子供が生まれるときには男性生殖器の発達にとても重要なホルモンですが、成人男性では、DHTは体毛の倍加や脱毛に影響を及ぼします。そのため、DHTの産生を減少させることが毛根の成長につながり、発毛につながるのです。アボダートは、有効成分デュタステリドを含有する男性型脱毛症治療薬です。日本では、前立腺肥大症治療薬「アボルブ」として知られています。グラクソ・スミス・クライン社によって加工・販売されています。

前立腺肥大に関しては、デュタステリド0.5mgを1日1回、隔日で服用したところ、24週間後の前立腺サイズは、偽薬の8.7%節約に対し、デュタステリドでは25.3%縮小し、明確な有効性が示された。デュタステリドは5αリダクターゼを阻害するため、DHTの量も乏しくなりますが、前立腺肥大症の患者さんに1日0.5mgを180日間単回投与すると、DHTの血清濃度が89.7%減少することも確認されています。アボダートは1日1回(0.5mg)、水またはぬるま湯で服用します。プロペシアとは異なり、この薬は錠剤ではなく、カプセル組成です。飲み忘れた場合は、気づいた時になるべく早く飲んでください。ただし、次の摂取時間が少し離れている場合は、1回分を飛ばし、次の摂取時間に1回分を摂取してください。