プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

プロペシア1mg(EU版)
数量 価格 ご注文
1箱 ¥6,730
2箱 ¥12,532
3箱 ¥18,452

 

 

 

 

 

プロペシア概説(ジェネクリ公式 通販)

プロペシアの有用性は、検証されていないプラセボ薬を服用した病人グループ(135ニッケル)と対比することで証明されています。プロペシアを3ヶ月(121週)服用するごとに、抜け毛の進行がプラセボを服用した患者群よりも遅くなったのです。プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の進行抑制を目的として、日本で承認・配置された成分を含む医薬品です。しっかりとした節のある頭髪を戻すことができます。

髪の乏しさを改善するためには、継続的に体内に取り入れることが近道です。すぐに結果が出ないからといって、薬の服用を中止するのは禁物です。最低でも6ヶ月間はプロペシアを服用していただき、経過を観察していただきたいと思います。AGAの総患者数は2014年から2017年の4年間で急増し、現時点では全国で1,200人以上と推定されています。

日本では2005年に厚生労働省に認可され、現在は70以上の環境国本国でAGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されているはずです。フィナステリドの作用により、髪の乏しさの原因となる高濃度の男性ホルモン(DHT)を減らし、毛乳頭が正常に細胞回避に挑めるようにします。その結果、髪の成長期が長くなり、髪の乏しさが改善されるのです。プロペシアの有効成分フィナステリドは、発毛に関わる2型5αリダクターゼ酵素に作用し、5αリダクターゼの働きを阻害することでジヒドロテストステロンの生成量を減少させ、脱毛予防と育毛に鋼のような効果を発揮することができます。

有効成分フィナステリドは、男性ホルモンDHTの生成に必要な5αリダクターゼ酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制する。DHTは髪を成長させる役割があり、関連する男性ホルモンは男らしい大きさや男の色気を保つ役割を担っています。5αリダクターゼは前頭葉と側頭乳頭に特に多く存在するため、前頭葉と側頭部の脱毛MCはAGAの唯一の症状です。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの活性化を阻害することで、テストステロンからDHTへの交代を抑制します。

プロペシアはメルク社(MSD)が開発したAGA(男性型脱毛症)成長期の治療薬で、有効成分としてフィナステリドを含んでいます。もともとは前立腺肥大症の薬として作られました。その後、髪の少ない男性の進化に効果があることがわかり、AGAの治療薬として商品化されました。男性ホルモンの生成に関わる酵素である5αリダクターゼの自然な働きを阻害するため、5αリダクターゼ阻害薬に分類され、含まれています。悪玉男性ホルモンであるジヒドロモデロン(DHTへ)の生成を抑制するため、DHTブロッカーと呼ばれることもあります。