ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

ヤスミン(ヤーズ配合錠)
数量 価格 ご注文
1箱 ¥3,980
3箱 ¥7,581
6箱 ¥12,978
12箱 ¥22,380

 

 

 

 

 

ヤスミン概説(通販ディビジョン)

ヤスミンは日本では一般に販売されていないため、個人輸入で対応するのが一般的です。この場合も、黄体形成ホルモンの作用で頸管粘液の粘度が上がり、精子が通過しにくくなります。低用量ピルが避妊薬として高い効果を発揮するのは、「排卵を抑える」「子宮内膜の成長を抑える」「精子の通過を防ぐ」という3つの作用があると考えられているためです。服用を中止すると、今度は脳下垂体が卵巣を刺激して再び排卵を促します。

ヤスミン製品の中で最も評価が高いのは、「ドロスピレノンエチニルエストラジオール錠」です。有効成分のドロスピレノンとエチニルエストラジオールは、バイエル社(旧シーイングリング社)が開発・合成した黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。避妊薬としてだけでなく、毎月の避妊にも使用されます。また、避妊だけでなく、月経困難症(生理痛)やPMS(月経前症候群)を緩和し、生理周期を安定させ、快適な生活環境を始める効果もあります。また、低用量ピルは、頸管粘液の粘性を切り替えることで精子が子宮に参加するのを防ぎ、急増期の望まない妊娠を回避することができます。

排卵を抑制することで、子宮内膜の増殖やエリート集団スタグランジンなどの生理活性物質の産生を抑制し、月経の痛みを軽減することができます。ヤスミンは超低用量ピルなので、吐き気や頭痛などの副作用や、つらい症状も落ち着きます。ヤスミンは、従来の低用量ピルよりもホルモンの含有量が少ないため、超低用量ピルとも呼ばれています。低用量ピルには多くの種類があり、第1世代から第4世代に分けられますが、ヤスミンは最新の第4世代低用量ピルです。

有効成分は黄体ホルモンの「ドロスピレノン」と卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」です。脳下垂体に作用してホルモンの分泌を抑え、卵胞の活発な動きを抑制して排卵を防ぎます。低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り込むことで、脳下垂体は「女性ホルモンが多い=妊娠」と認識し、卵胞の完全成熟、排卵、子宮内膜の成長を抑制する。

ヤスミンに含まれる黄体形成ホルモンであるドロスピレノンは、利尿作用のある新しい黄体形成ホルモン製剤なので、むくみよりも腫れを抑えることが期待されます。過去にピルの服用で副作用に悩まされた方、ピルに抵抗のある方、初めてピルを服用する方で、人体への不安を軽減したい方などにおすすめです。

ヤスミンは、バイエルシェーリング社が大量生産・販売している黄体ホルモンに似た働きをするドロスピレノンを配合した第4世代の低用量ピルで、2000年に承認された新しい経口避妊薬で、一般に1錠に含まれる女性ホルモンの量が多い初期段階のピルです。低用量ピルよりも副作用が少ないため、過去にピルの服用で副作用に悩まされた方や、ピルに抵抗がある方にもおすすめです。