フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロ(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア1mg(プロペシア・ジェネリック)
数量 価格 ご注文
30錠 ¥2,367
100錠 ¥3,301
100錠 ¥5,610

 

 

 

 

 

フィンペシア概説(通販シートル)

5αリダクターゼには、I型とII型がある。5αリダクターゼⅠ型は皮脂腺に存在し、DHTが皮脂分泌を増加させます。テストステロン値が高い人が脂性肌になるのは、このためです。

フィンペシアは、インドの製薬会社であるシプラ社が製造するプロペシアのジェネリック医薬品です。フィナステリドは、5αリダクターゼ阻害剤として知られている医薬品です。男性型脱毛症は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が原因であると言われています。5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるDHTに変化させる酵素である。このDHTの作用で抜け毛が発生するのです。

フィンペシアを飲み始めてから抜け毛の悪影響を実感するまでに、3~6ヶ月かかると言われています。ヘアサイクルに個人差があることを認識し、見た目の予備軍を実感するまでの時間には個人差があります。フィンペシア(finpecia)1mgはプロペシアのジェネリック医薬品でもあり、プロペシア通販で最も人気のあるジェネリック医薬品となっています。有効成分のフィナステリドは、髪のスカスカを引き起こす男性ホルモンの1つであるDHTの生成を抑制する働きがあります。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAの実際の原因となる男性ホルモン(DHT)の生成を抑制する働きがあるのだそうです。フィナステリドは2型5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成を抑え、毛髪の本数を減少させるのです。有効成分フィナステリドがAGAの順番を終わらせる役割を果たし、長期的に服用することで発毛が期待できます。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変化してできるものです。フィンペシアには着色料であるキノリンイエローが含まれていません。キノリンイエローは呼気タールから作られる合成着色料(生タール色素)で、日本では黄色203号として外用薬や化粧品に使用されているとされています。

近年、フィナステリドの改良型であるデュタステリド(商品名「ザガーロ」)が、AGAの二次眼科治療薬として登場しています。作用機序はフィナステリドと同じですが、デュタステリドはフィナステリドの3倍の強度を持つと言われています。プロペシアのジェネリックの中でも、フィンペシアはプロペシアのバリエーション微妙として、最も人気のある最強のAGA治療薬と言えるでしょう。