瀬戸病院 山陽小野田市 整形外科
リウマチ科・リハビリテーション科

瀬戸病院 山陽小野田市
整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

難治性の痛み

痛みは生活に与える悪影響も大きなものです。
つらい痛みを、出来るだけ早く取る事が出来るような治療を心がけています。
薬やブロック治療などで痛みを取った後、リハビリテーションで根本的な治療を行います。

薬での疼痛治療

漢方も使っています


主な痛みの種類としては、打撲や骨折・局所での炎症などによる『侵害受容性疼痛』と、体の痛みを脳に伝える伝導路である神経が損傷された『神経障害性疼痛』、心理的な原因による『心因性疼痛』があります。
原因を把握し、それぞれに合った薬を、副作用が出ないように注意しながら少しずつ調整していきます。漢方薬も使用しています。

超音波を用いた安全で痛みの少ないブロック治療

神経痛を比較的早期に和らげる事が出来ます。
超音波画像を見ながら、目的の神経の周囲に注射を行います。
重要な血管や血管を避けながら適切な部位に注射を出来る為、患者様の痛みも少なく少量の薬液で安全に、十分な効果を得る事が出来ます。
超音波ガイド下に、頸椎神経根ブロック・星状神経節ブロック・腕神経叢ブロックを行っています。そのほか、仙骨ブロックも行っています。
 

エコーガイド下筋膜リリース注射

近年、肩こりや腰痛に対してトリガーポイント注射を行う場合、筋肉と筋肉の間にある筋膜の癒着をはがすように注射すると効果的なことが分かってきました。
当院でも超音波画像で確認しながら、筋膜リリース注射を行っています。その他、関節内注射やトリガーポイント注射、腱鞘内注射も行い、出来るだけ早く痛みを取れるように心がけています。